カマグラゴールドだけじゃない!ED治療にはジェネリックがおすすめ

ED治療薬を選ぶならジェネリック
ジェネリックときいてどんなイメージを思い浮かべますか?

「安いから副作用のリスクが高い」
「効果、効能が先発薬とは異なる」などと思っていませんか?

実はこれらのイメージは間違い!

ジェネリックは先発薬と同じ有効成分で造られているから、副作用のリスクが高い、効果効能が劣ることはないのです。

海外では、ジェネリックの普及率は90%以上。
先入観から使わずにいるのは大きな損をしています。

この記事では、カマグラゴールドをはじめとしたさまざまなED治療薬ジェネリックについて紹介していきます。

ジェネリックってどんな薬?安さの秘密に迫る

ジェネリックならお得
ジェネリックとは、初めに開発された薬(新薬)を基に造られた薬のことで同じ有効成分を配合しています。
新薬のバイアグラを基にして造ったのがカマグラゴールドなどのジェネリック医薬品です。

ジェネリックは新薬の特許期間が満了すると、しかるべき手続きを行なえば、開発元の製薬会社以外でも同じ有効成分を用い薬の開発をすることができます。

新薬のように1から研究をする必要がないため、開発のコストが下がり、消費者に安く薬を提供することができます。

価格が安い=危険という訳ではありません。

ジェネリックのメリット

ジェネリックは新薬と同じ成分を配合し、飲みやすいように工夫されている。
・錠剤のサイズを小さくして飲みやすくする
・コーティング、味付けで苦味を感じにくくする
・剤型の変更(水に溶かして飲むタイプ、ゼリー型など)

バイアグラのような新薬が高いのはなぜ?

新薬(先発薬)とは、初めて造られた薬のこと。
新薬の開発には膨大な時間、人件費を費やすため、コストがかかります。

新薬を開発してから約20年間は特許によって、独占的に製造販売を行なうことが許可されています。
これにより製造会社の利益を守っています。

それに加えED治療薬は保険適用外の自由診療となるため、費用が高くなってしまうのです。

国産のジェネリックと外国製ジェネリックの違い

ED治療薬国産と外国産のちがい

ジェネリックには、国産性と海外製のものがあります。
国産と海外製の大きな違いは価格と種類の豊富さです。

それぞれの違いについてみていきましょう。

海外製ジェネリックの特徴

カマグラシリーズを製造しているインドはジェネリック大国として知られています。
インド製ジェネリックは世界的にもシェア率が高く、あの国境なき医師団も治療に使っているのです。

インドは、医薬品開発の特許がありません。

新薬と同じ成分を使って新たな医薬品を製造しても、工程を一部変更すれば、法律上違う種類の薬として承認されます。

それには、インドの近隣国の貧困問題が関わっており、この法律があることで貧困国への薬の提供が可能なのです。

海外製ジェネリックがおすすめなのは、コスパ良くED治療をしたい人。
病院に行く時間がない人です。

【インド製ジェネリック】
・カマグラ、バイスマ(バイアグラ系)
・バリフ、レビスマ(レビトラ系)
・タダシップ、シアスマ(シアリス系) などなど

国産ジェネリックの特徴

国産のジェネリックは、病院での処方が可能で偽物を購入するリスクを避けられます。

医師の問診があるため、薬が飲めるか、飲めないか正しい判断をしてもらえるというメリットも。

国産ジェネリックのデメリットは、海外製に比べると価格が高いこと。
特許が満了期間に達していない3大ED治療薬のレビトラ、シアリスは、国産のジェネリックは存在しません。

国内ではバイアグラ由来のED治療薬が処方可能となっています。

国産ジェネリックがおすすめ人は、確実に安全なED治療薬を購入したい人、バイアグラ系の薬が身体に合う人です。

【国産ジェネリック】
・シルデナフィルOD錠トーワ
・シルデナフィル錠 キッセイ
・シルデナフィル錠 富士化学工業株式会社
・シルデナフィル錠 辰巳化学株式会社 など

更新日:

Copyright© カマグラゴールドで簡単ED治療。自分史上最高の勃起力を体感しよう , 2019 All Rights Reserved.