カマグラゴールドの併用、使用禁忌。知らずに服用は命の危険も!?

個人輸入で買った医薬品は危険?
カマグラゴールドはネットで簡単に購入できるというメリットがあります。
しかし、そこには危険なデメリットも隠れているのを知っていますか?

個人輸入で購入した薬は医師から服用に関して説明がないため、併用禁忌や使用禁忌を知らずに飲んでいる人も多いのです。

過去には、カマグラゴールドと同じ成分を配合した薬の服用で死亡したケースもあります。
自分の身体を守るためにも、併用禁忌、使用禁忌について知る必要があるのです。
この記事では、カマグラゴールドの併用禁忌薬、使用禁忌について紹介します。

カマグラゴールドの併用禁忌薬!投薬中の方は要チェック

カマグラゴールドの一緒に飲んではいけない薬
併用禁忌薬とは一緒に服用することが禁じられているお薬のことです。
併用すると副作用が悪化を招く、薬の効果を打ち消してしまうこともあります。

まずは、カマグラゴールドがどんな薬であるかを知りましょう。
カマグラゴールドの有効性分はシルデナフィル。

シルデナフィルは、勃起を阻害する酵素のPDE5の働きを妨げる。
そして血管拡張作用で血液の流れをよくする働きがあります。

カマグラゴールドの併用禁忌は、心臓や血管系に作用するお薬が多くあります。
これらの薬と併用して使うと必要以上に血圧を下げてしまい、危険な状態に陥る可能性があります。

【カマグラゴールドの併用禁忌薬】
・ニトログリセン
・亜硝酸アミル
・硝酸イソソルビド
・ニコランジル
・塩酸アミオダロン
・リオシグアト
【カマグラゴールドの併用注意薬】
・チトクロームP450 3A4阻害薬
・チトクロームP450 3A4誘導薬
・降圧剤
・a遮断剤
・カルペリチド

カマグラゴールドの使用禁忌!命の危険もある!?

カマグラゴールドを飲んではいけない病気とは
使用禁忌とはそのお薬を使ってはいけない条件のことです。
カマグラゴールドには血管を拡張する作用があるため、血管障害を患わっている方が服用すると血管に負担がかかってしまいます。
血管が耐えきれず損傷してしまうと、死に至ることもあり使用禁忌とされています。

【カマグラゴールドの使用禁忌】
・低血圧、高血圧
・網膜色素変性症
・心血管系障害
・併用禁忌薬投与中
・重度の肝機能障害
・シルデナフィルの過敏症
・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にある方

低血圧、高血圧

カマグラゴールドの血管拡張作用により血圧が低下します。
低血圧患者に使用すると必要以上に血圧が下がり、息切れや胸の痛み、めまい、動悸などを引き起こします。
低血圧で最大90mmHg未満、最小50mmHg未満の方は服用ができません。

高血圧の患者は、最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上の血圧の場合、処方ができません。

高血圧患者は、血圧を下げる降圧剤を服用していることが多く、降圧剤と併用すると、血圧が下がり過ぎる危険性があります。
低血圧、高血圧いずれも薬で正常値に調整されていれば服用できます。

網膜色素変性症

網膜視細胞にはPDE6という酵素があります。
カマグラゴールドの有効成分シルデナフィルは、PDE5(勃起を邪魔する酵素)に対する阻害作用の約10分の1の効力でPDE6の活性を阻害することがわかっています。

網膜色素変性症を悪化させる可能性があるため、使用不可とされています。

心血管系障害

性行為を行なうと心拍数、血圧、心筋酸素消費量が高まります。

心血管症害がある方が性行為を行なうと身体に対する負担がかかるため、カマグラゴールドを服用は出来ません。

重度の肝機能障害

カマグラゴールドの有効成分シルデナフィルは主に肝臓で代謝されます。
肝臓に重度の障害がある方が使用すると排泄が遅れます。

血漿中濃度が高くなると副作用を悪化させる危険性があるため、使用禁忌とされています。

有効成分シルデナフィルの過敏症

カマグラゴールドの有効成分はシルデナフィル。

シルデナフィルの過敏症の既往症がある方が服用すると皮膚のかゆみ、目のかゆみ、発疹などが起こります。

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内にある方

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方は、血圧の変化に対して脳循環を一定に保つ自動調節機能が正常に働かない状態になっています。

血圧を下げることが脳循環の低下に結びつく危険性があります。
カマグラゴールドは、血管拡張作用による血圧低下を起こすため使用禁忌となります。

既往症があってもカマグラゴールドを服用できる場合がある

病歴があってもカマグラゴールドが服用出来るケース
過去に既往症があっても、発症からの経過年月によってカマグラゴールドの服用が可能な場合があります。

過去に発症した病気が完治したと思っていても、再発や別の不調が見つかる可能性もありますので自己判断は危険です。

カマグラゴールドの服用における体調の悪化は自己責任となります。
服用前に病院を受診し適切な検査を受け、有効成分「シルデナフィル」を配合する薬が使用可能か確認しましょう。

・血液透析中の方
・心筋梗塞の発症後6ヶ月以上経過している方
・脳梗塞、脳出血の発症後6ヶ月以上経過している方
・不整脈の症状でアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩を使用していない場合服用が可能

更新日:

Copyright© カマグラゴールドで簡単ED治療。自分史上最高の勃起力を体感しよう , 2019 All Rights Reserved.